helloponjectの日記

働く女性が力をもらっているのはハロプロです。ハロプロのことを書くブログです。

2018年終わりにベリロスと向き合ってみた

2018年、ようやくベリロスから脱却できそうな兆しが見えた。

え、℃-uteロスではなくて?と思いますが、℃-uteロスはもちろん、
ベリロスですら、未だ克服できていません。

 なので、youtubeでもミュージックプレーヤーでも、

℃-uteもBerryz工房も聞くことができていませんでした。
聞いたら、もう二度と聞くことができないことを再認識してしまうから。
 
そんな中、今年ようやくベリーズの曲を聞けるように。
youtubeでもちらほら見られるようになりました。
 
 
卒業ブルーレイ買おうかな~なんて思いながら、
youtube見てたら編集がとてもステキな動画の数々。
 
これにより曲とグループの調和具合の素晴らしさを再認識していたら、
少しウルウルきてしまい、未だブルーレイは買えていません。。
 
℃-uteもそうだけど、声のバランスが本当に魅力的。
そして、キャラクターがバラバラなのに、
ステージで作り出せる一体感は、私が目指す多様性社会の縮図のよう。
ベリーズは、観客と一緒に歌う大合唱曲も多く、
武道館のラストステージで涙しながら声を振り絞った記憶が蘇ります。
 
と、書いていたら、やっぱりベリーズがいないのが寂しくて、
まだブルーレイ買ってベリロスを克服するのは難しそうです。。